子供に後悔させない子育て

重要!子供が反抗期!子供との接し方

はじめまして。yutaブログへようこそ。
今回は

子供が反抗期を迎えた親御さん向け

に記事を書こうと思います。

子供を思ってやってあげてるのに
何をやっても怒ったり、
軽くあしらわれてしまう。
嫌われっちゃったのかな…って思うと
悲しくなりますよね。なんとかして子供
と普通に接したい。って思ってる

そんなあなたの役に立てたら
嬉しいです!

要点
☑️不安定な時期だからこそ放っておく!
✔︎今試されたいるのは見守る能力!
☑️喧嘩してもいい!我慢しない!

ビューリンRモイスチャーセラム

☑️不安定な時期だからこそ放っておくべき!

子供

思春期は子供は悩みは多いだろうから

たくさん話して悩みを聞いてあげなくちゃ。

って思うかもしれませんね。

あなたのその志は大変素晴らしいですが、

子供本人にとってはどうでしょうか。

倫理学的に思春期は

第二の誕生 心理的離乳 と呼ばれています。

(青文字を押すとウィキペディアのページに飛びます。)

この言葉の通り、あなたの子供は

精神的に自立しようとしているのです。

だからその旅立とうとしている子供に

自分から救いの手を差し伸べる必要は

無いんです。

ただ 『頑張ってるね』とか『応援してるよ』

のようにいつも応援してあげてください。

いつも応援してあげることで、子供が本当に

苦しい時真っ先にサインをあなたに送ってく

れますよ。

✔︎今試されているのは見守る能力

見守る女性

 

 

上記のように子供は今精神的に自立の途中に

います。あなたは不必要に介入せずただ

見守ること。介入しすぎると子供も

喋りかけないで!とか思ったりするのは

当然です。

あなたも今直面している子育て問題も

子供と一緒に乗り越える試練なんだ

と思って努力していきましょう。

☑️喧嘩はしても良い!

子供に好き放題言われるけど、

これ以上不機嫌になってしまうと

いやだからあなたの不満を抑え込んで

しまうことも多いと思います。

でもあまりにもひどいなら不満を

子供にぶつけても大丈夫です。

しかし、これにはやり方があります。

優しく落ち着いて、『話し合いましょう』

叱るのではなく、注意するイメージで

大丈夫です。

子供と親の関係に限らず、大人同士の関係にも

この話し合いは通用します。

冷静に落ち着いて論理的に注意してくれる

大人は尊敬できますよね。

子供の叱り方についての

詳しい記事も書いているので、

こちらを参照してください。

参照 子供を叱ることについて

 

最後に…

いかがでしょうか。

他にも高校中退についての記事、

成長ホルモン注射についての記事など

を多数書いております!

是非みていってくださいね!

参照 偏差値100&オール1位達成!

 

 

 

筆者紹介

yuta 2001年生まれ。
15歳で底辺高校に入学し、予備校に入学
し1年間連続で塾に行き続ける。
その結果
校内成績はぶっちぎりのオール一位。

16歳で校内偏差値最高115を記録し、
難関国立大学受験を決意し高校を中退。
高校中退してからもまじめに勉強を
続けるが、孤独との戦いで自殺を考える
ことが多くなる。いろんな人に支えられて
今様々なことにチャレンジしている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です