子供に後悔させない子育て

賢い子供になってほしい!3才から7才までの教育法!

はじめまして。Yutablogへようこそ!

今回は子供の潜在能力を限界まで高め
将来頭の良い人になれる可能性を
高める方法について
執筆します。

この記事は東大生が小さい頃にして
いた習い事についての記事を参考に
作られています。

東大生は 水泳 ピアノ 読書 を幼いときに

していた傾向が強いです。
なぜ これらの3点が 東大生に多いのか
説明していきます。

大学卒業

概要
☑️幼児の脳の特徴とは!
☑️3歳〜7歳の時で潜在的能力は決まる。
☑️これで完璧 3歳〜の教育法

☑️3歳〜7歳の脳の特徴

子供

この時期には子供は日本語を使いこなせる
し、学習能力がかなり高まっています。

この時期が将来的に大切な理由は
まだ脳の構造が完成していない
からです。

よりシワの多い脳を完成させる
ことで本当の意味での賢い地頭を
子供に与えることができます。

✔︎ 本当の意味での賢い地頭を作るには

より沢山学習できる脳にするには
この時期に沢山の好奇心を持たせ、
色々なことを経験させ、そして
子供たくさん考えさせることが必要です。

東大生がよくしていた
ピアノ 読書 水泳 を習慣付けできると
かなりの経験値を積むことができるで
しょう。

上記のように3歳〜7歳の教育は重要と
述べましたが、これは逆に次の意味も
含んでいます。

☑️3才から7才で潜在的
学習能力がある程度決まる!

ひらめき

脳の構造が一旦完成しまうともう
脳の構造を劇的に変えてしまうような方法
はありません。

すなわち3歳〜7歳の期間で
この先の潜在学習能力は決まってしまうの
です。

子供が成長してから
もっと賢い人になって欲しかった!
なんて思っても無駄です。

林修や尾木ママの様に
3歳からの教育が大事と話す
著名人はたくさんいます。

将来京大東大や外国の有名大学に
いかせたいのであれば
絶対に知っておくべき知識でしょう。

読書

潜在的に本当の意味で賢い人間
になるには3歳〜7歳が本当に勝負なのです。
そこで気になるのは次のトピック。

☑️笑顔の絶えない”賢い”大人に
するための教育法!

愛

ポイントは 子供との会話の仕方を変える
ことです。

子供が自分の考えを話すたびに

すごいね!そしてどうなったの?

なるほど!もっと教えて!

というように

子供が 楽しく、もっと考える様に仕向ける
ことが重要です。
”仕向ける”のが親の役目です。

もっと自分で考えろ!
読書を毎日しなかったら夕飯抜き!

の様に強制的にやらせるのは
最低です。

自分は叱られて育てられてきたんだ!
だから自分の子供も叱って育てたら
成功するはずだ。
という考えの人もいるでしょう。

そんな人は常にこの言葉を頭に
置いておいてほしいと思います。

『自分はこうだったけど、子どもたち
もそうかな?』

これは有名な現代文講師 林修の言葉です。
怒る人が好きな人など世界に存在しません。

怒ってばかりいると子供から嫌われるのは

当たり前でしょう。

喜ぶ女性

叱ったり怒ってばかりいると
親子の信頼関係に悪影響を及ぼし、今後正し
く教育できなくなったり、反抗心から、間違
った価値観を身に付けてしまう可能性も
あります。

強制するのではなく、あなたが
(子供が幼少期に読書やピアノなどを
好きになるように)努力してください。

何度も繰り返しますが、

親の役割は子供を導いてあげること。

 

いかがでしょうか。ここまでいろんな具体

例を挙げて話しましたが、本質は全部のトピッ

クを通して同じです。

あなたの子供がスクスク立派になれるように

あなたも子育て法を積極的に勉強して

最高の家族を作っていきましょう!

筆者紹介
yuta 2001年生まれ。
15歳で底辺高校に入学し、16歳で校内偏差値
最高115を記録し、難関国立大学受験を決意し
高校を中退。孤独との戦いで自殺を考えること
もあったが、なんとか今も元気に生活している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です